説明資料

覚えられるパスワードは盗まれ易く、盗まれ難いものは覚えられない
生体計測(バイオメトリクス)や所持物(トークン)照合は本人の意思を確認できない

視覚長期記憶を活用し、本人認証+他人断定機能を組込んだ、
老若男女が誰でもストレスなく使いこなせるユーザ本人認証技術


本人認証は、生死や意識の有無を問わない個人識別とは違って、本人の意思確認なしに成立してはなりません。「意思を確認されないままに社会的・政治的・経済的な権利・義務の主体として確立されてしまっていた」などということは絶対にあってはならないからです。

つまり本人の明確な意識と積極的な意思がなければ実行不可能ものでなければ権利・義務の主体を確立する本人認証の有効な手段とはなりません。複雑なパスワードも有効な手法ですが安全に使いこなせる人はほとんどいません。「いつでも、どこでも、老若を問わず誰でも、本人を排除することなく他人のみを有効に排除できるか否か」という視点からみて「汎用的な実用性あり」と判断できるのはニーモニックガードだけです。

オリジナル画像を利用するニーモニックガードには原理的なフィッシング偽サーバ排除機能があります。多段階ユーザ・システム相互認証ロジックの組込み完了時にはストーカー的狙い撃ち型偽サーバ・偽ユーザをも確実に排除する安全安心なシングル・サイン・オン・システムを実現します。

関連技術として、必要な時にユーザの記憶から生まれるニーモニック認証データを材料として暗号鍵を生成して機密データの暗号化・復号を行い、プログラム終了時にはその暗号鍵を消滅させて暗号鍵盗用によるデータ漏洩を根絶する暗号運用技術クリプトニーモがあります。クリプトニーモWindows版・権限分散クリプトニーモ・携帯クリプト手帳などの製品形態で全世界での普及を図っています。機微個人情報を匿名で保護しつつ活用できるアノニミティーガードという技術群も開発しました。

数千年の歴史的使命を終えようとしているアナログ型本人認証手段に代わり、今後の数世紀〜数十世紀を支える本人認証標準手段の礎石となることを目指します。
説明資料
ニーモニックセキュリティ:技術製品紹介資料(080501) (857KB)
ユーザ・システム相互認証(640KB)
「脅かされる本人認証: 前編(はびこる奇怪論理とその考察)+後編(奇怪論理の考察と望 ましい本人認証)」
(Cyber Security Management 2005 Vol.6+7 連載)
「個人情報の保護と活用を両立する情報通信プラットフォーム」
(日本セキュリティ・マネジメント学会誌第19巻第1号2005年9月掲
載)
「【奇怪論理と優良誤認に脅かされる情報セキュリティ】論文に対する松浦幹太東京大学助教授の講評」
(論文は2005年6月18日JSSM全国大会発表・講評はJSSM学会誌9月号ニューズレター掲載)
認証画面作成方法の数々
  上記のファイルはパワーポイントファイルです。
ご覧になるにはパワーポイントビューワが必要です。
パワーポイントビューワのダウンロードはこちらから。
ニーモニックガード はやわかり読本
ニーモニックガード開発の経緯 (20KB)
個人認証につきまとう皮肉な現実
汎用性とセキュリティ強度
ユービキタスコンピューティング社会の生命線〜記憶照合個人認証〜
個人認証における本人拒絶・他人受容問題
社会的事象としての個人認証
有効な機密情報漏洩・改竄対策とは 

詳細説明(Q&A)
基本 編
更に詳しく知りたい方 編
トラブルシューティング 編
上級編

ニーモニックガード操作ガイド


TOP
Copyright 2003 Mnemonic Security, Limited. All rights reserved.